下古城

しもふるしろ
  • 名称しもふるしろ
  • 俗称・別名古城
  • 所在地-
  • 様式平山城
  • 関連武将黒石玄蕃

小田原北条氏の家臣・石黒玄蕃頭が在城していた古城

小田原北条氏の家臣黒石玄蕃頭が在城していたが、天正18年(1590)退去したと伝えられている。
御殿場深沢方面から北東流する馬伏川と立沢川の合流する内側の字下古城に位置し長さ650m、幅250~120mの地域を城域とする。合流地点内側を城(シロ)下(シタ)という舌状の平場があり、その一段上に上ったところに、古屋敷、馬場という小字があるので、城主の居館があったのではないかとする。本城跡南西部中央に小字永塚という長さ175m、基部の幅50m、周辺よりの比高6~13mの三角の台状自然地形があり、基部は方40mの塁段となって縁部に土塁状の遺構がある。それから北へ五段の平場が連続している。この東側を古宿というから、或はこの台状地形のところが古城跡のあった場所ではなかろうか。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する