打越館

うちこしかん
  • 名称うちこしかん
  • 所在地-
  • 様式その他

阿多野台地に浅い谷をつくる小渓流に沿った棚状の段丘面に位置する館跡

群書系図部集大森葛山系図に菅沼三郎忠茂吉窪殿とあり、本居館と何か関連があるのだろうか。
阿多野台地の東南端を浸蝕して浅い谷をつくる小渓流に沿った、棚状の段丘面に位置する。面積は長さ100m、幅50mほどで、現在は人家となっており、遺構その他何もない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する