上野堀之内

うえのほりのうち
  • 名称うえのほりのうち
  • 所在地-
  • 様式その他

上野領主の居館があったとされる地

群書系図部集の大森葛山系図によると、藤原親康の二男に上野次郎忠康があり、また親康の妹に上野領主とある。また親康の子孫一族に大森・新(ニイ)橋(ハシ)・竹之下・大原・神(コウ)山(ヤマ)・菅沼・吉窪(現地名は吉久保)・湯船・古沢・葛山・御(ミ)宿(シュク)・棚頭・伊豆佐渡(現地名は伊豆佐野)を称するものがあり、これらの姓氏名は小山町、御殿場市、裾野市の現地名として存在するから、この上野堀之内は上野領主の居館跡に該当させてよかろう。
居館跡は奥野沢川と上野川の渓流に挟まれた低い台状地形の先端部小字堀之内に位置し、神明宮神社境内を中心に東西70m、南北80mの方形郭をなす。北側に長さ50mの空堀状の凹地があり北に続く台地と画している。北と西縁に低い土塁状の遺構が残存する。
居館跡の東及び東南側を別当田という。居館主の直営地であったろうか。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する