岩田館

いわたかん
  • 名称いわたかん
  • 所在地-
  • 様式その他

鮎沢川西岸の広い河岸段丘の北端に位置する居館跡

群書系図部集の大森葛山系図に蓮心の子菅沼三郎忠茂吉窪殿とあるが、本居館主であったろうか。また中世からの土地の土豪岩田氏の居館跡とも伝承されている。
鮎沢川西岸菅沼地区の広い河岸段丘の北端部分に位置し、方約100mほどあり、北及び西側を須川が堀状にめぐっている。人家が建ちならび遺構その他まったく不明である。
小字「竹の花」は館の意味であろうか。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する