一式堀之内

いっしきほりのうち
  • 名称いっしきほりのうち
  • 所在地-
  • 様式平山城

佐野川と海苔川の深い渓流に挟まれた内側小字島土に位置する城跡

中世土豪であったと思われる在住の室伏、込山(コミヤマ)、尾崎氏に、本城に関する伝承があるが、いずれも傍証するものがない。
本城は佐野川と海苔川の深い渓流に挟まれた内側小字島土に位置し、両河川は城域の末端で合流する。長さ550m、幅50~140mの区域を城跡とするが、遺構とするものは殆んどない。佐野川と海苔川の合流点北対岸を城(シロ)ノ腰(コシ)、南対岸を堀切というから、この両河川内側部分に城の主要部があったらしい。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する