新柴堀之内

あらしばほりのうち
  • 名称あらしばほりのうち
  • 俗称・別名丸山
  • 所在地-
  • 様式その他

鮎沢川東岸の河岸段丘へ半島状に張り出した台状地形に位置する城跡

鮎沢川東岸の新柴地区に形成された河岸段丘へ、東側の山脚から長さ120mほど楕円半島状に張り出した台状地形、俗称丸山に位置する。周辺よりの比高15mあり背後の山脚付根部は、小渓流によって深くえぐられ、南側は幅20mの空堀状の凹地で区切られる。台状の中央に井戸址があったが、現在は埋められている。
足柄古道を扼する絶好の位置にある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する