守山砦

もりやまとりで
  • 名称もりやまとりで
  • 所在地伊豆の国市寺家字守山
  • 様式その他
  • 関連武将北条早雲 足利茶々丸

北条早雲に攻められた足利茶々丸が立て籠もったといわれている城砦

狩野川の乱流が田方平野を北上する、頸部の右岸にそびえるのが守山であり、標高はわずか100m程である。堀越御所の後詰の城、天然の要害であったと推定されるが、井戸を除いては遺構はほとんど存在しない。切り立った岩壁が見られるが、後世の石切りであり、自然の状態のまま。物見台に使用されたと思われる。
足利茶々丸が、北条早雲に攻められ、この守山に籠ったと云われている。
遺跡として登録されているが後世の改変が多く、砦としての様相は不明。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する