日向館

ひなたかん
  • 名称ひなたかん
  • 俗称・別名狩野館
  • 所在地伊豆市日向
  • 様式その他

狩野川の河岸段丘上の縁辺部に位置する、方形単郭の館跡

『増訂豆州志稿』は狩野氏の城跡としている。当初この地に居住し、後に天城湯ケ島町本柿木に移ったとする。また一説に加藤景員を居住させたとも言う。
『小田原衆所領役帳』には松山衆として狩野介、豆州狩野日向郷を記載する。
狩野川の河岸段丘上の縁辺部に位置する。方形単郭の館跡と考えられる。
近年発掘調査が実施されており、詳略が明らかにされると思う。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する