八田館

はったかん
  • 名称はったかん
  • 所在地伊豆市関野
  • 様式その他

八田四郎知家のものと言われている大見川の河岸段丘上にある館跡

『増訂豆州志稿』によればこの館跡の西南にあった神明神社の上梁文に内出之朝臣中務正八田四郎とあったため、『東鑑』に記載されている八田四郎知家の館跡と一説に言われる。
大見川の河岸段丘上に位置し現在は畑地、宅地となるが県道が中央に建設される以前は土塁が残存していた。地籍図で復元して見ると土塁によって囲まれた一辺約50mの方形単郭の館跡と推定される。一部土塁が残存する。北に梶山の地名中央に打屋敷の屋号や、西方に五輪さんと呼ばれる墓地などがある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する