大熊氏館

おおくましやかた
  • 名称おおくましやかた
  • 俗称・別名大熊備前守屋敷
  • 所在地榛原郡吉田町神戸
  • 様式その他
  • 関連武将大熊備前守長秀

小山城主・大熊備前守長秀によって建てられたといわれる居館

当館は、小山城大熊備前守長秀により建立されたと云われている。
小山城から西約300m程離れた丘陵上にあり、今は茶畑となっているが、数年前までは約1,100㎡の屋敷の周囲には二重の土塁の跡が残っていたと云われ、屋敷跡に立つと、南東から東にかけ深い沢が自然の堀をなしているのが見られ、北側にはかつて沼地であったと云われる小川がある。
土塁の西の一段下った崖の中断に「城台稲荷」があったが、今は農免道路の西側に移されている。この他、屋敷跡の南側近くに薬師堂跡がある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する