花沢烽火台

はなざわのろしだい
  • 名称はなざわのろしだい
  • 所在地焼津市花沢(狼煙山)
  • 様式その他

武田氏が周辺の砦などとの連絡に使用した烽火台

『駿河志料』等によれば永禄、天正の間、武田氏が野田や初鹿野砦や用宗等の城と連絡をとるため烽火を揚げた所といわれる。小字名は仙之嶽であるが鷲乃山、又は狼烟山とも云とある。
遺構は明確でなく消滅したものと思われる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する