源兵衛山

げんべいやま
  • 名称げんべいやま
  • 俗称・別名岩本氏居館、小廓跡
  • 所在地焼津市下小杉字海道
  • 様式その他

北面の武士・佐藤憲清の子孫が来住し築いた小郭

『志太郡誌』に、下小杉字南海道に住む岩本家(当主誠一氏)のことについて「小郭跡」と云う見出しで書かれており、同家系図によればその遠祖は北面の武士で佐藤憲清と言い、後鳥羽院の時代、京都を離れ当地に来て下小杉に住むが、やがて法身となり関東に下る。其ののち年を経て憲清十世の孫が再びこの地に戻り、元の場所に小郭を築き、子孫は田中城主の臣下となって続いたという。
源兵衛山は榛原焼津線(通称吉永街道)の下小杉則心寺より東北400m当りに位置し、現況は、宅地と畑となり、遺構確認ができない。
県道榛原焼津線の傍にあり、ここの小字を南海道と云うが、南海道は南カイトから転化したものかもしれない。又藤守地区は堤に囲まれた輪中村落を形成し、この中に条里遺跡が見られる。附近には「浦門」「的場」「出口」「見付」等の関連地名が残っている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する