上小杉陣屋

かみこすぎじんや
  • 名称かみこすぎじんや
  • 俗称・別名松平和泉守御陣屋跡
  • 所在地焼津市上小杉字荒蒔島
  • 様式その他

三河・西尾城主松平和泉守が築いたと伝えらる陣屋

『静浜村誌』によれば、上小杉陣屋跡について「文久元年(1861)8月、三河国西尾城主松平和泉守、上小杉の西隅に陣屋を築きしが、文久3年4月移封せらるるに及び之を壊わせり、方今茶園と変ず」としるしている。
現在の国道150号線北側にあり、昭和40年頃圃場整備され、殆ど水田となり見分けがつかない。極めて短期間でしかも幕末で間もなく取りこわされたので今は口碑などもない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する