越後島殿屋敷

えちごじまどのやしき
  • 名称えちごじまどのやしき
  • 所在地焼津市越後島
  • 様式その他

今川氏に仕えた越後守が居住していたとされる屋敷

『駿河記』『駿河志料』に殿屋敷の記載があるのみで、規模・構造はいうまでもなく明確な遺構の存在も看取できない。『駿河記』によれば「○殿屋敷跡五輪塔一基、瑞応寺と天王森との間にあり。今畑に成。傳云、今川氏国守の時、幕下に山田越後守某居住の地にて、其人の古墳と云り。其子孫に山田新右衛門某は、治部大輔義元に仕へ、永禄年中三河国岡崎城の城代となり在番す。(中略)按に山田越後兼継の子孫にて、遠祖駿河守に任ぜしことなれば、其ちなみにより當国に下向して、今川氏に仕へて越後守と称したるにやあらむ。村号も此人居住に基づきて越後殿島と称しなるべし。」
とされている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する