石脇城

いしわきじょう
  • 名称いしわきじょう
  • 所在地焼津市石脇下字山崎
  • 様式平山城
  • 関連武将北条早雲

伊勢新九郎盛時、後の北条早雲が居住していたとされる城

『駿河記』によれば文明年間、伊勢新九郎が居住した所とある。伊勢新九郎は北条長氏、後の北条早雲入道である。又、長享年間(又は応仁年間)に京都から駿河に来り「今川上総介義忠に寄留す。室北川殿の内縁に依て諸士是を敬す。義忠長氏をして石脇に居住せしむ。氏親の代駿河郡興国寺の城主となり、此所より引移ると云。」と記されている。
三つの曲輪からなり、丘陵基部側との間に幅7m、深さ5m程の堀切が存在したといわれるが、宅地及び道路建設に伴い、現状では堀り切りは認められない。海抜約30mの一の曲輪には現在、大日堂が建てられている。さらに二の曲輪との間には大日堂に至る会談(石段)や墓地があり、この為、現状では一の曲輪は長さ約65m、幅約25m程を測る。土塁は北と東端に残る。北端のものは幅1m、高さ50cm程であるが、東端のものは幅約3m、高さ1.5mと大きなものである。二の曲輪は一の曲輪の北側下にのびており、比高差は約8mで、南端の三の曲輪に連なる。三の曲輪は海抜20mで稲荷神社が鎮座する。50m×40m程の規模で、その斜面下には帯曲輪が残る。
昭和30年代の土地宝典では、この丘陵先端部の小字名が山崎となっている。しかし駿河記等によれば城山と地名があるところから、本来は城山と呼称していたようである。遺構としては他に古井筒があったという。
城跡は高草山の南側に派生する支丘陵の一つで、沖積低地に突き出したように延びる丘陵端部に位置しており、花沢城や日本坂に向って入り込む谷の入り口に占地している。水田地との比高差は約29m程で、丘陵裾部には石脇川(当城の北西にある林叟院(りんそういん)付近から流れ出る川)が裾部をめぐるように流れている。さらに丘陵基部側は堀切によって独立している。以上のことから、自然条件を巧みに利用した占地状況が伺われる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する