殿屋敷

とのやしき
  • 名称とのやしき
  • 俗称・別名殿ノ下跡
  • 所在地牧之原市前玉字殿屋敷
  • 様式その他

高さ5〜6mの塚が築かれ、自然堀が見られる屋敷跡

当屋敷について、歴史的な事柄は不詳の事が多い。
当屋敷は、吉田町中原、向原の南、牧之原市前玉原のふもとを通る吉田榛原線の南にあり、前玉部落の南端に位置する。面積約1,860㎡が屋敷跡と推定され、平坦地であるが中央に高さ5~6m位の塚が築かれており、自然堀と思われるものが見られ、崖となっている。
又この塚は、「くせ塚」と呼ばれ、以前はこの塚に手をふれる者もなかったと云われる。当地を殿屋敷と呼び、殿(トン)ノ下、下屋敷ともよび大門、仏供田などと云われている所があるが、当屋敷との関係については不詳である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する