御陣場

ごじんば
  • 名称ごじんば
  • 俗称・別名権現様御陣場
  • 所在地牧之原市坂口字ケガヤ
  • 様式その他
  • 関連武将徳川家康

徳川家康が小山城攻めの陣をとったとされる場所

『榛原郡誌』によれば、「坂部より初倉に越す峠の上なり。空堀の跡と見るべきもの遺れり。徳川家康の御陣所という。掛川志稿星久保村の条に、東照宮御陣場、東北毛谷の上の原にあり小石を集て御床机所の標とす、南方に谷を隔て土居の跡遺れり。」とみえる。
上記にみられる通り、牧之原市坂部と島田市初倉の境に当り、境界をなす尾根に連らなり、標高約150m位であり、周囲は急傾斜に囲まれ、西側が台地となっていて、高尾山より小山城に通ずる「小山道」の傍にある台地の突端に位置している。
本郭は、金谷町諏訪原城と小山城の中間に当り、伝承として伝わる徳川家康がここに陣をとり小山城を攻めたといわれる様に、その様な御陣場としては適地である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する