勝間田城

かつまたじょう
  • 勝間田城
  • 勝間田城
  • 勝間田城
  • 勝間田城

平安時代から続く勝間田氏の城

  • 名称かつまたじょう
  • 所在地牧之原市勝田
  • 様式山城
  • 遺構曲輪、土塁、堀切、建物跡
  • 城主・城将勝間田氏
  • 文化財指定県指定史跡
行きやすさ 行きやすさ アクセス詳細

横地氏と運命を共にした名族の山城

同族の横地氏と並んで、遠江を代表する在庁官人出身の武士団である勝間田氏によって築かれた勝間田城。発掘調査の行われた二の曲輪、三の曲輪は発掘調査成果に基づいて、遺構の平面表示が行われ、史跡公園として親しまれています。

続きを読む icon

勝間田氏は名字の地である勝田庄を本拠としていましたが、遠江各所にも所領があり、遠江一円に勢力を張っていました。また、鎌倉時代末期には『夫木和歌集』の選者として有名な勝間田(藤原)長清を輩出するなど、文武に秀でた一面も窺えます。
勝間田城は、勝間田氏が本拠・勝田庄の中心となる勝間田の谷の最奥に、要害として築かれたと考えられています。築城年代は明らかにされていませんが、在地における動向などから、15世紀中頃と推察されています。
そして横地城と同様、文明8年(1476)に今川義忠の攻撃を受けて落城し、一族は離散したと伝えられています。

成り立ち

勝間田定長により築城されたものと云われていますが、築城年代及び存続期間については不明な点も多くのこされています。しかし『今川家略記』『今川記』等によれば、文明8年(1476)に落城したことは確かな様です。
南北朝期から室町時代にかけての150年余り、勝間田一族によって使用されたといわれています。勝間田の初代は、勝田平三成長といわれ、この一族は、『保元物語』などの古書に、しばしばその名が見られます。歌人として名のあった越前守長清をはじめとして、多くの名が歴史上に現れています。
出典:「静岡県の中世城館跡」

歴代城主

勝間田氏

現在

牧ノ原台地の山脚東に向って突出している尾根上にあり、標高約100mから120m位あり、比高は本曲輪から出曲輪附近で約20m位あると思われます。本城は本曲輪、二の曲輪、三の曲輪、出曲輪などからなり、曲輪は三段あるいは四段からなります。各曲輪の間が掘られており、中心部に至る尾根はみな切割ってあります。昭和23年頃の開墾により出曲輪の一部が破壊されてしまいましたが、殆どの曲輪は完全に残存していますが、道路を作ったため、一部分削り取られています。堀は道路敷になっている所や、埋め立てられている所も一部ありますが、ほぼ残存しており、土塁は殆ど完全に残されています。
周辺関係地名としては、血洗、土器谷、旗沢、姫池、焼香塚などの地名があります。
出典:「静岡県の中世城館跡」

縄張図

縄張図

勝間田城跡概要図(作図:溝口彰啓)
出典;静岡の山城 ベスト50を歩く

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する