今川砦

いまがわとりで
  • 名称いまがわとりで
  • 俗称・別名今川図書之助砦
  • 所在地牧之原市細江字時ヶ谷
  • 様式その他

今川図書之助輝明が築城したと伝えられている砦

築城者は今川図書之助輝明と伝えられているが、他の事については不詳である。
当砦は、飯室乃神社南方にあり、標高10~20mの丘上で、その範囲は約1,500㎡位であったと云われている。しかし、現在は畑となっているが、東西の山のくぼみを利用して堀とし、西方のくぼみを南下すると、通称を駒屋敷と呼ぶ家の裏に出る。又、角やぐらの跡と思われる場所も見られる。
今川図書之助築城と云われているが、その居城期間は短く、江戸時代となると帰農して、今川を改めて良知氏を称した。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する