松井屋敷

まついやしき
  • 名称まついやしき
  • 所在地-
  • 様式その他

葉梨荘の地頭、松井宗次・助宗の居館

建武4年(1337)に足利尊氏により勲功の賞の1つとして駿河国葉梨荘を与えられた今川範国は、建武5年(1338)に家臣の松井宗次、助宗に地頭職として与えている。居館はこれ以後に造られたと考えられる。この居館がいつまでつづいたのかは不明である。
遺構は消滅して何も残っていないが、「上松井」「下松井」「松井前」等の小字からかなりの規模を持った屋敷であったと思われる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する