堀之内陣屋

ほりのうちじんや
  • 名称ほりのうちじんや
  • 所在地-
  • 様式その他

駿河が豊臣氏の領地となった際、当地に置かれた陣屋

『駿河記』の「志太郡巻之四」に「当村本郷之内東国寺前に、天正年中太閤豊臣殿下の県令官舎ありて、服部武大夫と云者在住すと云…」とあり、駿河国が豊臣氏の領地となった時に、この地に代官が置かれたことがわかる。又『稲葉村誌』に「鈴木氏談」として堀ノ内の久保開戸に陣屋が置かれていたと書かれており、その他にも陣屋井戸・牢屋敷などが存在していたことが記されており、地名として外堀・内堀・木戸内・城ノ下等と地名が存していたと記されている。
遺構等はすべて消滅している。
周辺には小字として木戸口・屋敷上・屋敷ウラ・井戸上などが残っている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する