助宗鍛冶屋敷

すけむねかじやしき
  • 名称すけむねかじやしき
  • 所在地-
  • 様式その他

稲葉郷に来住した後鳥羽天皇の御番鍛冶・五条助宗の屋敷

『稲葉村誌』によると平安時代末期に後鳥羽天皇の御番鍜冶であった五条助宗が稲葉郷に来て住みついたとあるだけで詳細は不明。
瀬戸川の左側に位置し、土地の古老の話によると大井神社のすぐ西側の水田がその場所であるという。遺構は何も残っていない。
この地区(助宗)は奈良時代から平安時代末期にかけての長い間、窯業生産地として知られており、今までに約100基余の須恵器を焼いた窯跡が知られている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する