岡部氏館

おかべしやかた
  • 名称おかべしやかた
  • 所在地-
  • 様式その他

藤原氏の流れをくみ、岡部郷を支配した岡部氏代々の居館

藤原氏の流れをくむ清綱は駿河権守の任期が切れても都へ帰らず岡部郷へ定着し、その子孫が武士団を形成し岡部郷を支配していった。この居館はいつ岡部氏によって作られ、又、いつ放棄されたのか定かでない。
朝日山城から北東方面の松中寺南側の田園地帯に御屋敷と呼ばれる地名があり岡部氏歴代の居館跡と言われており、屋敷の四隅に守護神を祀った祠がかつて3つまで残っていたが現在は1つしか残っていない。
この御屋敷と呼ばれる背後段丘の裾に同氏菩提寺であった万福寺(廃寺)の墓地跡に五輪塔が残っている。又、その他にも飛(ヒ)矢(ヤ)窪(クボ)・的場・鉄砲屋敷の地名が残っている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する