潮城

うしおじょう
  • 名称うしおじょう
  • 所在地-
  • 様式平山城

朝日山城との関連があったと思われる居城

潮城が誰の居城であったかは不明である。しかし、岡部氏の朝日山城がここから北北西の方向へ約1kmの所にあることからこれとの関係が考えられ、又、築城年代にしても朝日山城と大差ないと思われる。
潮山(標高201.8m)の東側で水田地帯へ延びた低丘陵(標高21m、比高15m)の先端にある。ここは昭和53年度に国道1号線藤枝バイパスの関係で藤枝市教育委員会の手によって発掘調査がおこなわれかなりの部分が明らかにされたが、現在、空堀と二の曲輪・三の曲輪がミカン畑として残っている。城域は南北約80~90m、東西約140~180mで、一の曲輪は東西約50m、南北約35mの規模で南と北に土塁があり、東と西には下の二の曲輪より通じる階段及び通路がある。又、東と南西側に虎口(入口)から入ると二の曲輪へは登れないようになっていて防禦の一端がうかがえる。一の曲輪と二の曲輪の間には空堀が存在し、一の曲輪の北側土塁の切れた部分より犬走りが土塁の外側を廻って空堀へ続いている。又、この空堀から潮山の方へ約55mのところで二の曲輪が終り、そこにもう1つの空堀がある。一の曲輪の北側土塁寄りに礎石を伴なった5間×3の建物があり、礎石が10個見つかっている。この他に帯曲輪や棚列等の柱穴が見つかっている。又、陶器やすり鉢の細片が出土している。
同じくバイパスの関係で潮地区の人家の南側はずれの部分(谷田遺跡)の調査で戦国時代の遺構・遺物が見つかっている。(「特論」参照)

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する