岩田山城

いわたやまじょう
  • 名称いわたやまじょう
  • 所在地-
  • 様式山城

武田氏が田中城の前進基地として築いたとされる山城

天正3年、三河長篠で織田・徳川の連合軍に大敗北を喫し、更に諏訪原城も徳川氏によって落された武田氏が田中城の前進基地として大井川東岸を一望できる場所として築かれたのが当城ではないかと推定される。文献等は皆無であるので推測の域を出ないが、昭和51年におこなわれた発掘調査によって城跡であることが確認された。
標高106mの岩田山南側の山腹で、谷川沢と谷ノ沢の浸蝕谷に挟まれた東西100m、南北150mの範囲(標高80m、比高50m)に遺構が造られている。
東西の谷が外堀として利用されており、西の谷沢川側に虎口を設け、ここから入ると螺旋状階段となっており、更に左に大きく廻って西の曲輪に入るようになっている。この入口部分は西の曲輪からでは死角になるので螺旋状部分の一段高い所に小郭を設けて備えとしている。西の曲輪と対している東の曲輪との間には空堀がある。この東西の曲輪の上方で岩田山への急斜面を背にした部分が一の曲輪である。一の曲輪の西側は外堀が伸びてきているが、東側では巾の狭い堀によって区画されており、この堀の南側で東の曲輪の上の部分及びそれより東側は土取りにより調査の前に破壊されているために詳細は不明である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する