入野城

いりのじょう
  • 名称いりのじょう
  • 所在地-
  • 様式平山城

花倉城を本拠地としていた今川氏が防御のために築いたと考えられる支城

南北朝時代、今川範氏が花倉城を築いてここを本拠地としていた頃、岡部郷から葉梨庄へ入る峠防禦のために設けた支城であろう。
古い年代の城らしく遺構は埋没している。標高140mの山頂から少し南に下った尾根上で、北と南に堀切り跡が残っている。
前面は朝比奈川添の平地を隔てて東に朝日山城を望み、北は村良・桂島を通って朝比奈へ通ずる朝比奈川添の谷の入口に当たる。西は高田笛吹坂を越えて、中ノ合へ出る位置にある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する