今川氏館

いまがわしやかた
  • 名称いまがわしやかた
  • 所在地-
  • 様式その他
  • 関連武将今川範政

安倍城の狩野氏に対抗するため花倉へ本拠地を移した今川氏の居館

安倍城の狩野氏に対抗するため今川範氏は大津から花倉に本拠地を移し、ここに居館や城を築いた。この居館は泰範の子、範政が駿府に進出するまで三代にわたって営まれたと考えられる。
花倉城への登り口のある南北に延びた谷の入口部分にあたり、現在西側の丘陵の山裾に遍照寺がありその前面の水田地帯にあったと考えられている。遺構は現在消滅して何も残っていないがかつて土塁が残っていたという。
居館跡の東側に馬場という地名が残る。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する