野田城

のだじょう
  • 名称のだじょう
  • 所在地島田市野田字城山
  • 様式山城

戦国末期の武田氏方の山城

『駿河志料』によれば本城をのせる城山は砦跡で永禄年中甲州の功臣初鹿野伝右衛門が居すと伝える。又、『駿河記』では砦山として初鹿野伝左衛門の砦と伝えており若干人名が異なるがいずれにしろ戦国末期の武田氏方の城跡としての伝承がみられる。さらに小地名の火燈岡は甲斐領の時、永禄年間に此所で狼煙を揚て田中城へ急を告げたと伝えており、花沢烽火台と連絡したこともみられる。
近年、大塚勲氏等「大井川地方史研究会」の調査の結果、『駿河伊達文書』にある大津城は従来比定されてきた落合の「すもう段」ではなく、地勢や遺構の点から又、史料にみえる大津城の落城に費した日数等からも野田の城山を大津城に比定している。なお大草の「今川の段」と呼ばれる慶寿寺境内の丘陵地も大津城と伝えられている。このように現状では大津城の位置は明確でなく、又「大津城」を伊達文書にある佐竹兵庫入道等が立籠った時の城と、今川方が攻略した後築いた城と同名二城を考慮することもでき、疑問も残る。従って城名については、地名を優先させて野田城とした。
遺構は城山山頂にある平場を主郭とし、北(落合口)、西(鵜田沢口)、南東(野田口)の三方向に延びる尾根上と東側中腹から派生する稜線上に曲輪を設ける。主郭の中央北寄りには10m四方程で高さ約1mの段が残る。尾根上には6本程の堀があり、南東の尾根上に設けられた曲輪の1つには土塁がみられる。
山頂は海抜153mで、水田地との比高差は約95mを測る。北から東にかけての山裾には栃山川が流れ、周囲はほとんど水田地で西側の丘陵基部方向では海抜90m付近の等高線によって独立した地形をなしている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する