和田島城

わだしまとりで
  • 名称わだしまとりで
  • 所在地-
  • 様式山城

武田氏が駿河侵攻の際、臨時に築城したと伝えられる城跡

城史については、何ら伝承はなく、ただ武田氏が駿河侵攻にする際、臨時に築城されたものとされているだけで、城番名や使用期間築城者などについては不明である。
城跡は、和田島の興津川に突出した低い山の先端を利用して築城されたもので、尾根を二段に削平して小曲輪を階段式に配置させたものであり、現在は茶畑になって原形は不明だが、小規模なものであったらしい。後方の峯と堀切りを設けて切断しているが、後世の埋土で深さや幅を滅じている。規模は長さ9m、幅2.5m、深さ0.8mにすぎない。堀切りの城内側に土塁が残存する。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する