米沢屋敷

よねざわやしき
  • 名称よねざわやしき
  • 俗称・別名五郎佐衛門屋敷
  • 所在地-
  • 様式その他

平氏の流れをくむ一族によって構えられたと伝えられる屋敷

伝えによると治承4年(1180)頃、都落ちした平氏の流れをくむ一族によって構えられたと伝えられ、始祖五郎親常に因んで代々五郎左衛門又は五郎右衛門を名乗っている。(『駿河記』、『駿河志料』他)
また当家は、東福寺開山聖一国師生家として知られ、名馬駿墨の産出地の伝承も伝えられている。
米沢屋敷は藁科川支流栃沢川の上流、標高420mの北側山腹部にあって、約10間4方の正方形の敷地の周囲を石垣で取巻き南寄りに門跡があり、南面して4間×7間の二階母屋が建っている。母屋北西隅に堀抜井戸があって、南端部分に東西より水路が西流している。屋敷地東隣は畑地となっており、その北側石垣上に近世竿石の国師及び母堂墓碑、鎮守筥崎八幡宮がある。
屋敷地より約250m東、栃沢川と山の接する北側集落最高所に、米沢屋敷旧地と伝えられる五郎右衛門屋敷と呼称される一画がある。西面して、門跡が設けられ、5段の平場が、低い石垣によって区画されており、北側茶畑内に国師父母の墓と伝えられる小五輪塔2墓が存在する。
両屋敷共、足久保、栃沢を結ぶ峠越しの道に北面し、集落内の適地に立地しており、旧地五郎右衛門屋敷が、屋敷地としては、防備上適地といえよう。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する