由比城

ゆいじょう
  • 名称ゆいじょう
  • 俗称・別名由比之城、由井城、城山
  • 所在地-
  • 様式山城

由比と蒲原との境界にある略円錐状の小山に構築されていた山城

由比城の位置は、由比町と蒲原町との境界で、山裾を神沢川が流れている標高102m余の略円錐状の小山であり、現在城(ジョウ)山と称されている。密柑畑となり、そのための造成地は平坦地をつくり、曲輪と見誤りやすい。近年土砂の採取や宅地の造成で、これまでの小曲輪が消失したことは残念である。
城山の段丘は、西南へかつては、約400m余延びていたが、現在は国道一号線が横断したり、社地・宅地となってしまったため、城域をどこまで設定できるか不明だが、段丘をすべて城跡とは考えがたい。
城の構造は、山頂とその山腹を削平しているため曲輪の規模は小さく不整形である。山頂の曲輪は三段よりなり東側に土塁を構えているが、物見曲輪的要素が濃い。
山頂の曲輪から尾根は二方向に派生し二つの曲輪を構成していたが、土砂の採取によって堀切りと共に消滅したことは残念である。
由比氏が居住していたが詳細は不明である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する