矢部館

やべやかた
  • 名称やべやかた
  • 所在地-
  • 様式その他

『吾妻鑑』にも見られる入江一族矢部氏が居住していたと推定される居館

入江一族矢部氏の館跡と推定されている。梶原討伐に際し矢部小次郎家綱が戦功をたて、また、『吾妻鏡』には、矢部次郎・平次の名がみられる。
有度山東山麓、南矢部能満寺西側の平坦な山裾に築造されていたと推定されているが、現存する遺構はない。
周辺には屋敷添の小字名や殿屋敷、御膳井戸、馬場などの古地名がある。近くに矢部氏十八祖を祀る十八祖社がある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する