向敷地城

むこうしきじじょう
  • 名称むこうしきじじょう
  • 俗称・別名堀ノ内
  • 所在地-
  • 様式その他

安倍川西岸の向敷地に位置していた城

『駿河志料』に「平城、得願寺山の内にあり、石塁も残れり、守将の名、伝を失ふ、今川家臣居住の地なるべし。」とあって、詳細は不明な点が多い。
向敷地域は、静岡市西部、安倍川西岸に面して徳願寺山東麓堀ノ内にある。遺構は、堀ノ内と呼ばれる集落内に湧水井2ケ所がある他は認められず、鈴木次郎氏宅を「堀ノ内」と呼称する。郭内と考えられる山裾部分に神明社があり、徳願寺山中腹に、安倍七観音の1つといわれ、今川氏親生母北川殿の菩提寺徳願寺がある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する