南入江館

みなみいりえやかた
  • 名称みなみいりえやかた
  • 所在地-
  • 様式その他

東海道元追分の南方の春日の森にあったとされる館

東海道元追分の南方300mの春日の森に、入江(藤原)氏の神祖天児屋根命を祀る春日明神があった。社の由緒書に「当所は中古入江維清居住以来子孫連綿の地なれば其祖神を観請せしものならん」とある。
大沢川東方の低湿地であり、居館の立地条件としては好適地ではないが、戦前は高さ150cmほどの段があり、神社境内附近に濠らしきものが認められたという。現在、宅地化され遺構は完全に消滅している。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する