水見色館

みずみいろやかた
  • 名称みずみいろやかた
  • 俗称・別名殿屋敷
  • 所在地-
  • 様式その他

室町から江戸期にかけて朝比奈氏が居住していたと思われる館

『駿河志料』に「殿屋敷、里人水見色殿邸跡なりと云、歴年姓名を伝へず、今川家臣なり、今種々の名ある石あり、門前石、馬乗石、湯場石」とあり、一方では「此村に朝比奈縫殿右衛門」と云へる武人住居し、慶長中御在城の時奉仕せしが、不敬の事ありて、御勘気を蒙り」と見えることから室町期から江戸期にかけて、朝比奈氏が居住していたと思われる。
水見色館は、静岡市の西北部、中藁科地区水見色集落のほぼ中央、中山の北谷地に立地している。
土地では殿屋敷又は御屋敷と称し、谷奥を殿奥と呼称する。現在一面の茶畑となり、土留用の石垣がみられる他は目だった遺構は認められない。東側尾根山上を砦山と称する事から、居館跡とも考えられる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する