水見色砦

みずみいろとりで
  • 名称みずみいろとりで
  • 俗称・別名砦山
  • 所在地-
  • 様式その他
  • 関連武将武田信玄 徳川家康 安倍大蔵

家康が安倍大蔵に攻めさせた武田氏の砦

『駿河志料』他に「砦山、古城の墟なり、武田家時代に築ける砦五ヶ所の一なり、守将の名審ならず」とあり、『武徳編年集成』永禄12年(1569)11月7日の条に、信玄駿州藁科口水見色他5ヶ所に砦を築き、これを家康が、永井善左衛門以下七八十騎を安倍大蔵につけて攻めさせ、これを落すとの記事があって、この時期を推察するに、『海野文書』中に天正5年(1577)9月11日付にて、安倍大蔵の安倍山中に於ける戦功に対する徳川家康感状(写)がある所から、その築城及び落城は、元亀及び天正の初め頃と推察される。(津渡野城参照)
砦山と土地で呼称される水見色砦は、静岡市西北部中藁科地区水見色集落のほぼ中央に位置し、大山の南麓支尾根末端標高260mの山上に立地している。
北尾根続きを除いて三方急峻な地形を呈するが、尾根上に狭少な曲輪があるのみで特別な遺構は認められない。
なお西麓谷地は殿屋敷と呼ばれ、今川氏家臣水見色殿の屋敷跡とわれている場所であることから、当砦は、今川時代、すでに築かれていた可能性もある。
また、水見色谷奥、高山の北側山腹に古屋敷と称する場所があって、ここを『静岡県郷土研究第1輯』では南北朝安倍狩野氏の支城水見色砦としているが、自然地形的平坦部があるのみで、明らかなことは判らない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する