船越館

ふなこしやかた
  • 名称ふなこしやかた
  • 所在地-
  • 様式その他

鎌倉御家人であった船越氏が住んでいたと思われる居館

梶原討伐に戦功のあった入江一族船越三郎維定、船越小次郎以降の居館と推定されている。船越氏は鎌倉御家人の一人であり、『曽我物語』にもその名がみられる。
館の推定地には、殿沢山東側(日本平ドライブウェー入口南側)と駒越字大屋敷(駒越え小学校附近)の2カ所があり、前者が有力である。
殿沢附近はかつて入海となっており、舟渡しがおこなわれていた地といわれている。遺構は現存しないが、最近まで殿沢山東裾の平地に古井戸が残っていた。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する