東入江館

ひがしいりえやかた
  • 名称ひがしいりえやかた
  • 所在地-
  • 様式その他

藤原朝臣維清(南家)を氏祖とする入江氏の居館の1つ

入江館の1つと推定されるが、実証すべき資料はない。入江氏は藤原朝臣維清(南家)を氏祖とし、その子孫は各地に居を構え、中世、有力な地方武士として栄えた。
当館の推定地として、桜橋町稲荷社を中心とした高台があてられている。この地はかつて庄司垣(カイ)内(ト)と呼ばれ、入江庄司と関係するものではないかと推察されている。遺構を伝える古記録も存しない。稲荷社境内には、楠の古木(清水市文化財)がある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する