萩多和城

はぎたわじょう
  • 名称はぎたわじょう
  • 俗称・別名萩田城
  • 所在地-
  • 様式山城

土地の言い伝えによると日向集落北側山腹付近にあったとされる山城

土地の伝えに依れば、城山の他に日向集落北側山腹付近にあったと伝えられ、小城段、兵乱、鍛冶屋敷、矢切場、萩田、萩ノ平の呼称があり、位置及び遺構は不明であるが城山より位置、防備的にこの付近が妥当と考えられる。
南側山麓部に白髭神社及び福田寺の古社寺があり、福田寺前は白髭神社祠宮内野氏の屋敷跡で、「祢宜屋敷」と称し、標高60mの高所にあって、藁科川に突き出し三方急崖をなすなど、萩田和城の居館跡とも擬せられる立地条件を備えている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する