西ヶ谷砦

にしがやとりで
  • 名称にしがやとりで
  • 所在地-
  • 様式その他

安倍城の支城砦の1つとして築かれた砦

西ケ谷砦は、安倍城の支城砦の1つとして築かれたもので、その創築年代は安倍本城と同時期と推定される。(安倍城参照)
西ケ谷砦は静岡市北部、内牧川が安倍川に合流する西側安倍城の支尾根末端部に位置していたと考えられるが、土砂採取工事によって崩され、消滅している。
しかしこの位置は、安倍城東北の支尾根防備と狩野氏居館地内牧の入口に立地する好適地にあって、安倍川越しの侵入に対する物見的性格を持つものと思われる。
なお、城砦群を形成するとされる大代砦(内牧)、千代砦(千代)については、遺構が認められず、また羽鳥砦は、旧建穂寺跡裏山と沼館愛三氏は「安倍城の研究」の中で述べているが、この地は、奈良・平安時代よりの古刹建穂寺のあった場所で、山上には堂塔伽藍の礎石も歴然と残り山岳宗教独特の寺院跡と見られ、砦跡とすることには疑問な点が多い。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する