長倉屋敷

ながくらやしき
  • 名称ながくらやしき
  • 所在地-
  • 様式その他
  • 関連武将長倉佐渡守

奥州塩釜の人で、大永年間に来往したと伝えられる長倉佐渡守の屋敷

長倉佐渡守は奥州塩釜の人で、大永年間頃(1521~1528)来住して、その居宅を回夫和尚に帰依して、長光寺を開墓したと伝えられている。(『駿河記』他)
長倉屋敷は安倍川の支流中河内川の下流、桂山集落の中央部、河川敷に立地する。
当寺所蔵の享和元年桂山絵図によると長光寺と北側山との間に大池があったことが知られ、佐渡守墓塔も存在していたが、文政11年(1828)の大洪水によって寺も流失し、その遺構も絵図からは確認できない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する