渋川館

しぶかわやかた
  • 名称しぶかわやかた
  • 所在地-
  • 様式その他
  • 関連武将渋川次郎朝貞

中世、土着武士として活躍した渋川氏の館跡

中世、土着武士として活躍した渋川氏の館跡である。渋川氏は入江一族で、鎌倉初期に、氏祖渋川権守遠兼その子中務丞兼貞、孫次郎朝貞の名が『曽我物語』や『吾妻鏡』に散見され、とくに朝貞は梶原討伐の一人として活躍している。また、地元の珠林寺の古伝には、南北朝時代、南朝方の忠臣狩野介貞長と行動を共にした入江左衛門尉春倫が渋川氏の後、ここに居住したとも伝えられている。
館跡は清水平野の中央部、巴川と大沢川の合流地点の西方約500mに位置し、渋川部落の北端にあたる。巴川の南岸にひらける標高2.5mの沖積低地に立地している。
昭和10年ごろの調査記録(有渡山塊を中心とせる古城館址の研究)によれば、館の遺構は「西南の一隅は破壊せられあるも他は土塁を以て囲まれ、更に其外囲は濠湟を以て囲繞せられている」と記され、土塁は原形に近い状態で、幅10~12m、高さ約2m内外あったという。一辺約200mの単堀単郭式館であることが確認されている。現存する遺構は館跡の東北隅の一部(鈴木実宅東側)に、幅約8m、高さ1.8mの規模で全長25mほど残存しており、堀の名残として鈴木宅北側に幅1m内外の溝となって存している。また、館跡の西辺と推定される地域には、長さ約50mにわたって変形は著しいが土塁跡と思われる段状の畑地がみられる。
館の東北側に、御厩尻、小次郎屋敷、北側に鈴木屋敷の小地名が残っている。かつて、鈴木屋敷地内から刀槍鉄片などが発掘されたと伝えられる。館跡の南方には、大門、南屋敷の小字名があり、東方には入江氏の守護神として入江大明神が祀られている。大明神は以前は館内北辺東側の土塁上にあったという。
当館から1km以内の地域に、西方に吉川館跡、南方に北入江館跡、北方に高橋館跡など当時に入江一族の館が点在している。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する