薩埵山砦

さったやまとりで
  • 名称さったやまとりで
  • 俗称・別名陣馬山砦
  • 所在地-
  • 様式その他

武田氏が今川氏の同盟者である後北条氏の侵攻を阻止するために築いた砦

当砦は、戦国時代に武田氏が駿河へ進出した際に、今川氏の同盟者である小田原北条氏の侵攻を阻止するために築城した砦である。
砦跡は、清水市と由比町との境となっている山の頂(標高420m余)を中心として尾根を利用して構築されたもので、全長500m余にわたって構築をし、現在は雑木林になっているが、砦の中心地附近に、長さ40m、幅1.5mの土塁が明瞭に残る。南端には、階段状に削平された小曲輪が配置されており、その他小さな尾根の先端を利用して小曲輪がいくつか残存している。
薩堹山砦跡より西方興津川の対岸正面に横山城を見下すことができるため、この砦を奪取することによって横山城の城兵の動静を監視でき、かつ蒲原方面への進出を阻止できる利点がある。
尾根上に、砦関係の地名として、現在、陣場、陣場口、西堀切、廓、釜場、東堀切などの名が残っている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する