久住砦

くずみとりで
  • 名称くずみとりで
  • 所在地-
  • 様式その他

安倍本城と同時期に築かれたと推定される砦

久住砦は、安倍城の支城の1つとして築かれたもので、その創築年代は安倍本城と同時期と推定される。(安倍城参照)
狩野氏安倍城退去後、南麓洞慶院開基福島伊賀守が拠った所と伝えられるが明らかでない。(『駿河志料』他)
久住砦は、安倍城西南尾根続き標高385m、羽鳥洞慶院裏の峰上にあって、南北は急崖を呈し、東西の主尾根上に曲輪が直線的に配置される。その位置は、安倍城西の要として洞慶院口防禦を目的として築かれたと考えられ、東側最高所に主要曲輪があって、それに数段の帯曲輪が取巻いている。尾根続きは、垂直に近い急傾斜をなすため、主要曲輪で占められている。西側洞慶院側は高低の段差をもって曲輪が設けられ、2条の堀切によって尾根の切断を行っている。
羽鳥に堀ノ内、的場、御所ノ谷等の地名が残る事から居館のあった可能性も考えられる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する