北矢部砦

きたやべとりで
  • 名称きたやべとりで
  • 所在地-
  • 様式その他

入江一族の岡部清綱の領地にあったと推察される砦

北矢部砦に関する資料はなく、砦が存在したとする根拠も不明確である。
三光原附近は巴川口西方約300mに位置する。かつては海に直面した地域で、南北に細長く形成された浜堤地形で、標高は周囲より高く約8mの段丘を呈していたという。
この地は入江一族の岡部清綱(五郎兵衛)の領地であり、岡部氏との関係が推定されている。北方約800mの八幡神社附近に鎌倉時代の岡清水港が存在した。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する