北砦

きたとりで
  • 名称きたとりで
  • 俗称・別名城山
  • 所在地-
  • 様式山城

今川駿府館の北部の支城の1つと考えられる砦

『駿河志料』の城山の項に「居住の人姓名未詳、今川家臣の居城なり、永禄13年花沢城に楯籠り、戦死せし岩崎主馬右衛門と云へる、大力の剛者ありし、浅畑村土着の人なりと云、是等の居住にやありけん」と見えているが、明らかではない。『駿河雑志所収今川分限帳』に「千百石、岩崎十郎左衛門」と見えるがこれが、北砦の岩崎氏と関係あるか判らない。また、現在東地区にある岩崎家は鎌倉時代以来の名家といわれ、南北朝期に南朝方として武功をたてたが、後今川被官となり永禄3年桶狭間で討死するなどの伝えがあって、この岩崎家の先祖が拠った所とも推察される。
北砦は静岡市の北部、竜爪山支尾根南端部の麻機浅間神社裏山にあって、現在静鉄団地が造成されて全く失なわれてしまった。
今川駿府館の北部の一支城とも考えられ、安倍地区鯨ケ池を経て麻機へ抜ける道と川合瀬名方面への道の押えの城と考えられる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する