北入江館

きたいりえやかた
  • 名称きたいりえやかた
  • 俗称・別名カナヤ長者屋敷
  • 所在地-
  • 様式その他

入江氏の嫡流の館の1つ

入江氏嫡流の館の1つ、カナヤ長者の屋敷とも称される。
現状は宅地化が進み、遺構はまったく存在しないが、戦前の踏査によれば、四周を水田で囲まれた南北120m、東西約100m、高さ2mの畑地があり、この段が館の遺構と推定されている。東方及び南方には幅7~10mの濠跡らしきものが認められたという。館跡の南方には、姥ケ池と呼称される池があったが現存しない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する