川入城

かわいりじょう
  • 名称かわいりじょう
  • 俗称・別名常円寺城
  • 所在地-
  • 様式平山城

戦国期に今川氏の国人であった由比氏の本拠とされる城館

川入城跡は、由比川の上流約1.3km余の左岸の河岸段丘上にある。城跡の南側を小河川が蛇行して由比川に注ぐため、この段丘は、由比川に突出して、しかも二つの河川に挟まれているため、城の防衛上、後方との連絡を絶つため大堀切り(長さ40m、幅約11m)を設けた。城跡の平面形状は、不整形で、最広部約120m、最長部約200m余であり、城内は、二段から形成され、上段は、寺院の境内となり、下段は、蜜柑畑となっており、遺構はない。
川入城は、戦国期に於て今川氏の国人であった由比氏の本拠地と考えられる。しかし、地形や遺構から考えていくと、絶然たる軍事的城郭でなく、居館を兼ねた城館であったと推定される。由比氏が由比郷に定住したのは、鎌倉初期高橋大次郎光延の三男大五郎光高が由比氏と称したことに始まるという。室町・戦国期には、光行・孫四郎直任・光詔・光教・正信・正純の名が認められる。城跡附近には、城下集落に関連する地名を残している。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する