狩野屋敷

かのうやしき
  • 名称かのうやしき
  • 所在地-
  • 様式その他

安倍七騎に一人と思われる狩野氏の屋敷

『駿河志料』等諸書に安倍狩野氏枝流にして、今川氏にて亡ぼされた後、土着して、永禄年中武田家に属したといわれ、狩野弥次郎・同孫次郎・修理亮・次郎兵衛等の古文書を有し、いわゆる安倍七騎の一つと記している他は詳らかではない。
狩野屋敷は、安倍川の支流中河内と西河内川が合流する地点の上助集落内にあって井川往還道に接し、三方川に挟まれ、自然地形に恵まれる位置に立地する。
屋敷地は西河内川筋の一画にあって背後に山を背負う形の小規模なもので、わずかに道路に面して石垣と堀状の窪地を認めるのみである。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する