荻野屋敷

おぎのやしき
  • 名称おぎのやしき
  • 所在地-
  • 様式その他
  • 関連武将荻野十郎次郎

室町中期、今川氏に仕えた荻野伊予守政元を祖とする荻野氏の屋敷

荻野氏は室町時代中期頃今川氏に仕えた荻野伊予守政元が牛妻の地に居住したのに始まると伝えられ、その庶流に荻野十郎次郎(元亀2年没)、同縫殿助吉茂(慶長8年没)があって、現荻野氏の家系といわれる。(『駿河志料』、『駿河記』、『駿河国新風土記』)
荻野屋敷は、静岡市北部、安倍川中流域の東岸牛妻の台地上北端にあって、安倍川を背にして立地する。特別な遺構は認められないが、台地そのものが、三方を安倍川に囲まれる形となっており、集落自体が曲輪的状況にあって、集落内の最も好適地を選んでいるといえよう。
近くに荻野伊予守の墓所と伝えられる福寿院がある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する